ページ

2012年4月3日火曜日

Mac - 一部隠れたFinderを簡単に全体表示する

photo credit: QuattroVageena via photopin cc

前回に続き、Finderネタです。

僕はFinderが必要ない時でも閉じずに画面の端によせて置く事がよくあります。

この状態でFinderにあるファイルやフォルダを操作したくなった時は、Finderの全体が見えるようにウィンドウをドラッグし、移動させるのが通常な操作方法だと思っていましたが、もっと簡単な方法がありました。


ファイルをドラッグする


Finderのウィンドウを移動せずに全体が見えるようにするには、ファイルやフォルダを掴んでウィンドウ端へ持っていく動作をします。

少し、ドラッグするだけでウィンドウが『スルスル』っと出てきます。

この時に掴んでいるファイルかフォルダを離すとキャンセルになりウィンドウが元の位置に『スルスル』っと戻ります。一時的に表示したい時など便利です。


ウィンドウ全体が表示されました。

そのまま掴んだ状態のファイルをサイドバーにあるフォルダに移動できます。


スクリーンショットだけじゃ今ひとつわかりづらいので動画にしてみました。


Windows歴が長い僕には、Macのちょっとした便利な機能には感心します。

関連記事
Mac - Finderのちょっとした便利な使い方
Mac - 選択したファイルから新規フォルダを作る
Mac - Windowsとの共有フォルダの設定

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 件のコメント:

  1. A very well-written post. I read and liked the post and have also bookmarked you. All the best for future endeavors
    IT Company India

    返信削除