ページ

2012年3月22日木曜日

Mac - Windows7 Home Premiumにリモート接続する方法


photo credit: Taller Hikari via photopin cc

MacからWindows7 Home Premiumにリモート接続してExcelなどを利用できないかと色々調べた結果をまとめます。

MacBook Air 11inchを買ってから4ヶ月少したちました。

このブログを書いたり、RSSを読んだりなど、ほとんどMacBook Airで済んでいます。

それでも、度々Windows7を使うことがあり、MacからWindows7 を操作できればと検討した結果、リモート接続が今ある環境の中では一番だと思いました。


Remote Desktop Connection for Mac 2 




MacからWindowsにリモート接続するにはこの『Remote Desktop Connection for Mac2』を使います。


インストールし、いざ接続しようとしても出来ません・・・・忘れていました。
リモート接続は、Windows Professional以上のエディションじゃないとリモート機能がないことを。

諦めかけながらGoogleで調べた所、こちらで紹介されている方法でリモート接続ができました。


Concurrent RDP Patcherを使う


この『Concurrent RDP Patcher』を使いWindows7 Home Premiumにパッチを当てることでリモート接続機能を持たせる方法です

ダウンロード➡Concurrent_RDP_Patcher.zip

1. Windowsでダウンロード解凍し、『Concurrent RDP Patcher.exe』を起動させる。
Enable multiple logons per user』にチェックを入れ『Patch』を実行します。

※僕の環境ではEnable multiple logons per user』にチェックを入れないと駄目みたいでした。

2. リモート接続用に新しいアカウントを作りパスワードを設定する。


3. Windows7のIPアドレスを確認する。

『コマンドプロンプト』で"ipconfig"と入力しIPv4アドレスを記憶する。


4. Macに戻り『Remote Desktop Connection for Mac2』を起動させる。

 先ほど記憶したIPアドレスを入力する。何故かPC名だと駄目みたいです。


5. Windowsで作成したユーザー名とパスワードを入力し、『OK』をクリック。

『証明書のサーバー名が正しくありません』と表示されるが、そのまま『接続』します。




リモート接続完了



リモート接続出来れば、Windowsマシンの電源を入れるだけでディスプレイもマウスもキーボードもいらないので非常に便利になりました。


尚、本来出来ないことをしていますので、試される場合は自己責任でお願いします。

リモート接続した様子を動画にしました。➡ Mac - Windows7 Home Premiumにリモート接続する方法 part2

♦ WindowsからMacへ接続するにはこちらを参考にしてください。

Windows - Macにリモート接続する方法

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿